0173_edited.jpg

腸内フローラで
世界に貢献する

21世紀は「腸の時代」と言われ、遺伝子解析技術の進歩に伴い、これまで未解明だった腸内細菌の生態や機能が解明されつつあります。しかし「生きた腸内細菌」を手にできなければさらなる発展はありません。

理事長辨野義己が理化学研究所在職中に得た腸内細菌の培養技術や遺伝子解析の研究成果を社会に還元することを目的に当財団を設立しました。

長年培われた培養技術と最新の遺伝子解析技術を合わせた腸内フローラ研究で、新たな健康管理の提案を目指します。

​はじめまして
​辨野腸内フローラ研究所です

​​ロゴは創立者である辨野のイニシャル「b」をモチーフに、グルグルと回って出ていくという「腸」の動きをイメージ。

中心の白い部分多様な腸内細菌を顕微鏡で見た様子を「B・I・G・M」の文字をデフォルメしたパーツで表現しています。

​新着情報

2022年11月27日

大学にて講義をします

客員教授を務める十文字学園大学にて講義を行います。

2022年11月27日

テレビ出演のお知らせ

BS11「報道ライブインサイドOUT」に出演しました

2022年11月3日

記事掲載のお知らせ

雑誌「腸内フローラ・口腔フローラ改善によるウエルネスアップ」に特別寄稿

2022年11月3日

記事掲載のお知らせ

株式会社島津製作所のコミュニケーション誌「ぶーめらん」に記事掲載

2022年10月13日

ラジオ出演のお知らせ

10月12日/19日/26日に、NHKラジオ深夜便に出演いたします

2022年10月5日

雑誌掲載のお知らせ

2022年10月16日発行雑誌「焼きイモ」に記事掲載されました

2022年9月25日

財団が賛助会員に

日本微生物資源学会の賛助会員になりました

2022年9月24日

財団が賛助会員に

日本臨床腸内微生物学会の賛助会員になりました